PractiTest(プラクティテスト) vs TestRail(テストレイル)

近年、ソフトウェアテストの様々な問題を解決するためのテスト管理ツールは、世の中に無数に存在しています。その中でも代表的なテスト管理ツールのひとつとして、TestRailがあげられます。

PractiTestが全体のQAプロセスのための “独立した"テスト管理ツールであるのに対して、TestRailは要件管理と課題/バグ管理の両方のテストを完全にカバーするために、外部と連携することができます。

PractiTestとTestRailは、どちらも代表的なテスト管理ツールであり、テストプロセスを適切に管理したい、テスト環境をいつも最新の状態にしておきたいと考える方々にお勧めです。

  PractiTest TestRail
要件とユーザーストーリーの管理
階層的な要件への対応×
テストケース管理
各テストステップに添付ファイルを追加
プロジェクト間のテストの複製
バッチ操作(複製、編集、削除)
登録したテストの再利用
探索テストモジュール(セッションベースのテスト)
テストセットと実行管理
実行と結果の履歴を管理
実行中にテストを編集
テストからバグを報告し、テストを自動入力して再現
テスターへのサイクルとテストの割り当て
テストケースとセットのパラメーター化×
バッチ操作(複製、編集、削除)
リポジトリからのテストをテストセットの実行に再利用
テストセットの組み合わせ作成
課題管理
独立した課題管理モジュール×
類似の課題を検出し、二重登録の防止をサポートする機能×
課題をメールで直接報告する機能×
バッチ編集×
連携
サードパーティのバグ追跡システムとの連携
テスト自動化ツールとの連携
ソース管理システムとの連携
Zapier×
API
Slack連携×
Webhook×
カスタマイズ
情報を整理するための階層型フィルター
(例:テストツリー、バグカテゴリ、要件タイプ)
×
ワークフローの変更×
カスタムフィールドとフィルター
権限とメール通知設定を個人ごとに変更
報告
カスタマイズ可能なグラフ/ダッシュボードとレポート
予定されたレポート
追加機能
すべてのデータのインポートとエクスポート
検索(条件を追加する機能)
外部ダッシュボードと埋め込みグラフ×
クラウドまたはインストールクラウドのみ両方
タスクボード
セキュリティと認証
Soc 2×
ISO 27001×
サービスとサポート
サービスとサポート

では、その判断基準は?

PractiTestとTestRailは両方ともアジャイル思考の方々のための素晴らしいツールです。バグトラッカー、自動化ツール、APIなどとの様々な連携オプションを持っていて、セットアップと使用も簡単です。ただし、PractiTestは高度なカスタマイズ可能なワークフローを備えた複雑なテスト管理のためのより多くのオプションを提供してます。例えば、階層型フィルターを使用した一意のデータ編成、要件、テスト、問題間のトレーサビリティ、外部ダッシュボードなどがあります。PractiTestは、これら全てのテスト段階で 進行中のプロジェクトを、正確により幅広く問題を解決し提供できることを意味します。

PractiTectが全体のQAプロセスのための“独立した”ソリューションであるのに対して、Testrailは外部の連携を中継して、要件管理と課題バグ管理の両方のための完全なテストレバレッジを達成します。

TestRailを選ぶ理由

  • 比較的安価である
  • クラウドとサーバー両方のサービスがある
  • 操作が簡単で使いやすい

PractiTestを選ぶ理由

  • 内部要件と課題/バグ管理ができる
  • 要件、テスト、課題間のトレーサビリティ
  • すべてのプロジェクト情報とデータを整理する一意の階層フィルターツリー
  • テストケースとセットのパラメーター化
  • 課題をメールで直接報告する機能がある
  • Zapierを介した数百のサードパーティツールとの連携
  • SOCタイプIIおよびISO 27001証明書

今回、主要となる機能に焦点をあててPractiTestとTestRailを比較してみました。

テスト管理ツール検討の際の参考になれば幸いです。

「PractiTest(プラクティテスト)」に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai