【mabl】テストでできること

mablテストでできること

「mabl」ではテストロジックに並列処理やCookieの設定、スクリプトの実行など様々な処理を組み込むことができます。

テストを編集する

テストの編集はテストの詳細画面から行います。サイドメニューより対象のテスト名称リンクをクリックし、詳細画面を表示してください。

テストの編集方法は「Quick Edit」と「Launch Trainer」があり、「Quick Edit」ではテストステップの編集行います。「Launch Trainer」ではテスト作成時と同様にブラウザ操作しながら編集することができ、アサーションの追加も可能です。

「Quick Edit」

「Launch Trainer」

Quick Editで出来ること

「Quick Edit」では登録したステップごとの内容確認やステップの複製作成、ステップの構成要素設定などが行えます。ただし、対象アプリとの連携を行わないため、テストステップの追加やテストの再生などはできません。

【登録済ステップに対して出来ること】

「Move cursor hear」:カーソル(insert new step)を現在行の上に移動します。

「Configure find」:テストステップの構成要素を選択します。

          構成要素をより詳細に選択することが出来ます。

「Annotate」:テストステップにメモ(注釈)を入力します。

「Show step info」:テストステップの情報を表示します。

「Duplicate step」:テストステップの複製を作成します。

「Assert on element」:テストステップの前提条件ロジックを編集します。

「Edit」:テストステップを編集します。(Actionのみ変更可能)

【テストステップの追加処理】

カーソル行(insert new step)をドラッグアンドドロップで移動していくつかの処理を追加できます。(ドラッグ&ドロップで登録済ステップの順序変更も可能です)

mabl Trainerで「・・・」をクリックし、追加機能を選択します。

「Flows」:テストステップの一連の流れ(かたまり)を定義します。

       出来上がったFlow内に登録済のテストステップを移動することが可能です。

「Conditional」:テストステップの分岐条件を定義します。

「Cookies」:Cookieの作成及び削除を行います。前頁のクッキークリアも行えます。

「JavaScript」:JavaScriptロジックを追加します。

「Mailbox」:電子メールのワークフローを含むテストを定義します。

「API request」:APIリクエストの送信(UIを介さず直接操作)

「Wait」:処理待機時間を設定します。

「Visit URL」:指定のURLを開きます。

「Echo」:実行ログを出力します。

「Set viewport」:画面サイズを設定します。

         これによりresponsive対応の確認も可能です。

「Track new windows」:別ウィンドウに表示されたサイトの追跡

「Record hovers」:hover設定されているサイトのhoverを記録

「Ignore iframes」:iFrameを無視する

【テストステップで変数を使用できる場所】

テストステップ内で変数を使用することも可能です。

mabl Trainerで「{X}」をクリックすると、「View」「Manage」「Create」「Use」が出てくるのでこちらから編集が可能になります。

mablに関するお問い合わせ

mablのトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能、価格についての問い合わせなど日本正規代理店である当社にお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai