【mabl】様々な変数を活用しよう

この記事では、mablでの変数の活用方法について書いています。

変数とは

– テスト開発時は不明な場合がある値

– 反復ごとに変化させる値

– 前のステップまたはテストから取得される値

– ユーザー定義のアクションから返される値

変数の主なメリット

– 動的な値を必要とするテストシナリオ

– テスト間で変数を使用し時間を短縮

変数の種類

mablで変数を扱う際は、以下の4つのカテゴリに分けて考えることができます。

  • テストで生成される変数:たとえば、innerTextなどの要素プロパティから抽出するなど、テストの実行中に値が生成される変数。
  • プラン変数:システム予約変数(app.urlやapp.usernameなど)を含む変数。
  • 環境変数:環境レベルで定義される変数。
  • データ駆動型変数:前回のテスト実行のデータテーブルまたは共有変数でオーバーライドできるデフォルト値を持つ変数。

変数を作成する方法

テストで生成された変数の追加

(1)mablトレーナーを開きます。

(2)下部にある[{x}]ボタンをクリックし、[Create]をクリックします。

(3)新しい画面が表示され、そこで動的な値のソースを変数に割り当てて名前を付けることができます。

現在、以下から変数を生成できます。

  • 文字列テンプレート
  • 要素のプロパティ
  • JavaScript
  • mablメールボックスアドレス
  • データソース

文字列テンプレートを使用した変数の作成

  • 変数の作成フォームで使用可能な「文字列テンプレート」オプションを選択します
  • 定数値、ランダム値、変数、数式から文字列を作成するために使用されます
  • 文字列テンプレートで特定のマクロをサポートします
  • faker.jsは、現実的なランダムデータの生成に役立ちます
  • mablでは、構文は次のような形式である必要があります
    • 例えば。112.3のような値を生成します

要素プロパティから変数を作成

(1)変数の作成フォームで使用可能な[Element property]オプションを選択します

(2)マウスポインタ―のアイコンをクリックします

(3)ページ上の要素を選択します

(4)[Property]セレクターで、変数を設定する要素プロパティを選択します。例:innerText、class、tagName

(5)[Save]ボタンをクリックして、要素プロパティの変数を保存します

Javascriptから変数を作成する

(1)変数の作成フォームで「Javascript」オプションを選択します

(2)コードエディターを開いてJSコードを記述し、保存後すると値が変数に格納されます。

注:

  • JSコード内で他の変数を使用するこもが可能です
  • JSコード内でユーザーが作成した変数を参照する場合の構文はmablInputs.variables.user.VariableNameになります。
  • JSエディターでconsole.log(mablInputs)を記述し、開発ツールでコンソールタブを開くと、サポートされているさまざまな変数タイプをすべて確認できます。

mablメールボックスアドレスから変数を作成する

(1)変数の作成フォームで使用可能な「mablメールボックスアドレス」オプションを選択します

(2)名前を付ければ完了です。

データ駆動型変数の作成

(1)下部の「{x}」ボタンをクリックし、「Manage」をクリックします

(2)[Add Variable]をクリックします

(3)データテーブルからテストに渡される値がない場合は、データ駆動型変数にデフォルト値を割り当てる必要があります


:テストを作成するときに、[Train with DataTable]がオンになっていると、データテーブルの最初の行がデータ駆動型変数に事前入力されます。

環境変数の追加

(1)[Configuration] > [Applications]に移動します

(2)環境名をクリックして編集します

(3)[ADD ENVIRONMENT VARIABLE]ボタンをクリックします

変数の使用方法

(1)「{x}」ボタンをクリックし、ポップアップメニューの「Use」をクリックすると、テストで変数を使用できます。

(2)変数を使用する入力フィールドまたはテキスト領域を選択します

注:

  • カスタム検索を使用して、フィールドに変数値を入力することもできます
  • 変数を参照するための構文は次のとおりです。

まとめ

  • mablで利用可能なさまざまな変数タイプ
  • それらを作成して使用する方法
  • 現実的なデータを使用してさまざまなシナリオをテストする

Posted by IMAMURAMai