【mabl】テストデータを使用してDevOpsコラボレーションを改善する

テストデータを使用してDevOpsコラボレーションを改善する|  mabl

開発環境において理想的な世界があるとするならば、DevOpsを導入することで、すべての人が自分の仕事に正確に優先順位をつけ、タスクを完了し、開発パイプラインの他の部分と協力するために必要な情報を得ることができます。コードは開発、テスト、本番とスムーズに移行し、各ステークホルダーはその進捗状況を知ることができます。誰も貴重な時間をステータスアップデートやコンテキストの追跡に費やすことはなく、チーム間でプロジェクトを引き継ぐこともありません。 

しかし、残念ながらそのような状況にはなっていません。より多くのチームがDevOpsの導入をすると、ソフトウェア開発ライフサイクルから情報を抽出する新しい方法を見つけ始めますが、そのデータを有用なものにするための計画はありません。その結果、意欲的なDevOpsチームは、新しいデータポイントが氾濫し、ワークフローをより効率的にするのに苦労し、DevOpsの道に沿って持続的な変化をもたらすことができなくなります。 

データ主導のコラボレーションが変化を促進


品質工学は、DevOpsパイプライン全体のコラボレーションをリードするのに最適な立場にあります。それは、製品が確実に機能することに全員が関わっているからです。テストデータを効果的に使用すれば、より良いソフトウェアを構築するためのチーム全体の役割を導き、確認することができ、長期的に孤立したワークフローを解消することが容易になります。

コンテキストでバグ修正を加速する 

以上 開発者の3分の1 必要な情報を検索する必要があるため、バグにすばやく対処するのに苦労していると言います。これは、一方で、多くのチームが開発者とQEチーム間のコラボレーションの管理に苦労しており、バグを迅速に解決することを困難にしていることを意味します。一方、1回の対話(ハンドオフプロセス)で通信を修復することで、開発プロセスでの多数の遅延が排除されることを意味します。 

最新のテスト自動化プラットフォームは、DOMスナップショット、スクリーンショット、および診断データの形式で発行チケット内の欠陥に関するコンテキストを自動的に含めることにより、ハンドオフプロセスを容易にします。 

mablでJiraチケットを作成する

テストデータをJiraチケットに直接追加できる場合、品質チームと開発者は、摩擦を減らし、複数の同僚間の移行中に重要な情報が失われるのを防ぐ共有ワークフローを簡単に作成できます。 

テストデータを使用してバグのコンテキストを提供すると、チームが問題に迅速に対処できる可能性がはるかに高くなります。そのため、mablのDevOpsレポートでのテストの状態がテストと迅速なバグ解決の間に強い相関関係を見つけたのは当然です。 

コードと顧客を調整する

DevOpsの前は、多くの企業が直線的にソフトウェアを開発し、コードが本番環境にデプロイされるとフィードバックを遮断していました。時間の経過とともに、この制限により、エンジニア、品質チーム、および経営幹部の間で異なる目標が作成されました。エンジニアは可能な限り迅速にコードを配信することに重点を置き、品質チームは完璧なユーザーエクスペリエンスを確保することで推進されています。経営幹部は、成長や顧客維持などの指標を監視する可能性が高くなります。効果的なテストに裏打ちされた品質エンジニアリングは、3つの目標すべてに共通するスレッドとして浮上しています。 

最も明白な例は、本番環境でのバグが少ないほど、カスタマーエクスペリエンスが向上することです。ただし、コードがユーザー向けになる前であっても、ソフトウェアテストを使用して、ユーザーの行動に関する仮定を削除することにより、コードを作成する人々とエンドユーザーとの間に関係を構築できます。自動テストソリューションが次のような顧客データプラットフォームと統合されている場合セグメント、DevOpsチームは、実際のユーザージャーニーを念頭に置いてソフトウェアを構築できるため、開発者とQEスペシャリストは、オーディエンスがアプリケーションをどのように操作するかに基づいて、新機能とテストに優先順位を付けることができます。 

データ駆動型フィードバックでフォーカスを作成

組織全体からの通知、メッセージ、および情報が殺到すると、プロジェクトに優先順位を付けることの苦労を誰もが理解しています。DevOpsは、コラボレーション、自動化、およびデータを通じてより優れたソフトウェアを構築しようとしていますが、情報を使用する計画なしに情報を収集するように設計された新しいツールの導入は、データの過負荷をもたらすだけです。品質エンジニアリングチームは、特にテスト結果を既存のDevOpsワークフローに簡単に統合できるテスト自動化プラットフォームによってサポートされている場合に、組織をテストデータの品質に集中させることでこれを克服できます。

こちらのページを訳しました。

【mablお問い合わせ、トライアル】

mablに関するお問い合わせ、トライアルのご要望は下記からご連絡ください。

Posted by IMAMURAMai