QEリーダーシップの役割の準備

QEリーダーシップの役割の準備|  mabl

今、世界は「大量辞職時代」の真っ只中にあります。記録的な数の人々が過去18ヶ月を振り返り、本格的なキャリアチェンジの機会を掴んでいます。バンクレート社の最近の調査によると、アメリカ人の55%が今後1年以内に新しい仕事を探しており、その主な理由は、より柔軟性があり、より良い給料、そして仕事の安定性を求めているからです。

需要が高く、重要性が急速に高まっている職種であるため、ソフトウェアテスターやQAスペシャリストの多くが転職を検討していると考えるのは飛躍しすぎではないでしょうか。多くの人にとって、管理職への転身は、より高い給料を得て、より柔軟な交渉ができる魅力的な機会となります。しかし、特にQAが品質工学へと変化していく中で、管理職への転身は困難を伴います。QEリーダーへの道はさまざまですが、将来の品質管理者を際立たせる共通のスキルがいくつかあります。

成長する品質工学の役割を導く

QE担当者には、ソフトスキルとテクニカルスキルの両方を兼ね備えた多様なスキルが必要です。効果的なQEチームを管理することも同様です。クオリティリーダーを目指す人は、多くのステークホルダーとうまくコミュニケーションをとり、組織のテスト戦略を導き、データから実用的な洞察を見出す能力が必要です。

コミュニケーション

品質工学では、開発者、プロダクトマネージャー、カスタマーサービスと協力して、製品が進化していく中で、ユーザーにポジティブな体験を提供する必要があります。チームリーダーであるQEマネージャーは、チーム内の期待値を設定するだけでなく、品質文化における自分の役割を全員が理解しているかどうかを確認するために、DevOpsパイプラインの他の部分と一緒に設定するという追加の責任があります。

QEマネージャーは、品質、そして最終的にはカスタマーエクスペリエンスを擁護する立場にあります。QEマネージャーは、コード、テスト、ユーザーからのフィードバックの間の点をつなぎ、開発チーム全体がより効率的に作業できるようにすると同時に、より良い製品を作り上げる必要があります。良くも悪くも、これはしばしば失敗したテスト、欠陥、リリースの遅れを共有することを意味します。効果的なQEリーダーは、必要な詳細情報を明確に共有し、挑戦的なシナリオで人々を指導し、改善のための管理可能な目標を設定することができなければなりません。また、QEリーダーは、DevOps導入のような大規模な変革の際に、会社をサポートすることができます。

ソフトウェアテスト

品質エンジニアリングはソフトウェアテストだけに等しいわけではありませんが、手動テストと自動テストの両方を完全に理解することは、将来のQEリーダーにとって貴重な資産です。ソフトウェアテストの実践的な知識は、QEリーダーが、テスト時間の配分、テスト戦略の拡大、テストの成功の評価を行う際に役立ちます。

ソフトウェアテストチームは、開発組織の中でより大きな責任を求められるようになってきており、その多くはテストに起因しています。カスタマージャーニーには電子メールやPDFが含まれるようになり、開発者はこれまで以上に多くのAPIに依存するようになり、エンドツーエンドのテストは著しく複雑になっています。QEのリーダーは、このような新しい現実に対応できるテスト戦略を策定し、それを実行するための知識とツールをチームに提供する責任があります。手動テストと自動テストの両方をしっかりと理解することは、QEリーダーを目指す人にとって、より大きな責任を負う上で非常に重要です。

インサイト

ソフトウェア開発で利用できるデータの範囲は圧倒的に広く、特にデータに基づいた意思決定を開発パイプラインに組み込む企業が増えています。しかし、多くのチームが気づいているように、データを行動に移すのは大変な作業です。特に品質管理チームは、SDLC全体の品質を管理するために、テスト結果、開発者、プロダクトマネージャー、カスタマーサクセスからの情報が氾濫しています。

QEリーダーは、この混沌としたデータを洞察力で整理し、最も有用な情報に焦点を当て、それを使って潜在的な問題を特定し、解決策を生み出すことができるのです。例えば、優れたQEリーダーは、予定外の作業が増えていることや、開発の後半に発見されるバグの数が増えていることを観察し、チームがテストを左にシフトして不具合を早期に発見することを提案することができます。このような洞察力と優れたコミュニケーションスキルを組み合わせることで、QEリーダーはチームの活動を最もインパクトのある品質改善に集中させることができるのです。

学ぶこと、発見すること、そして常に質問すること

品質工学は、ソフトウェアテスト、カスタマーエクスペリエンス、DevOpsの導入などを網羅する分野です。この業界のリーダーになるための道は数多くありますが、最良の道とは、単に自分にとって最も適した道であるということです。迷ったときは、QAはQuestion Asker(質問者)の略だということを思い出してください。ソフトウェア品質の最前線でリーダーシップを発揮するために、テスト自動化プラットフォーム、ユーザーエクスペリエンス、最新のソフトウェア開発手法に関する知識を深めることを常に意識してください。

こちらのページを訳しました。

【mablお問い合わせ、トライアル】

mablに関するお問い合わせ、トライアルのご要望は下記からご連絡ください。

Posted by IMAMURAMai