「PractiTest(プラクティテスト)」テストケース

テストケースの作成、管理、実行

テストは大きく分けると2つのモジュールで構成されています。

1つ目のモジュールは、「テストライブラリ」です。これは、テストケースを作成し管理する場所となります。
2つ目は、「テストセット&実行結果」です。このモジュールは、複数のテストケースをテストセットの中でグループ化しテストを実行するために利用します。

PractiTestでは、テストの再利用を促進させるために2つに分けています。たとえば、様々な環境、機能ごと、テストサイクル、リグレッションテストなどを確実に実行するためにこのような構成に分けて管理されているのです。
テストケースにはご自身のプロダクトに併せて、カスタムフィールドで独自のフィールドを追加することも可能です。これは、テストケースや結果の管理の際に非常に]役立ちます。
既に自動化テストの資産がある場合には、「PractiTest(プラクティテスト)」にリンクさせることも可能です。実行された結果は、リアルタイムに「PractiTest(プラクティテスト)」に反映されます。
テスト項目には、テストのタイトル、テスト内容、テストの期待結果、関連する添付書類を追加することが可能です。
テストセットでは、テストの途中でもテストの実行内容を更新したり追加したり、また、その編集内容をテストライブラリに反映するか、一時的は変更の為、反映しない事もも自由に選択することが出来ます。
ダッシュボード機能では、これらの実行結果を常に最新の情報を関係者内容で共有する事が可能です。

テストモジュール

「PractiTest(プラクティテスト)」に関するお問い合わせ

PractiTestのトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

Posted by YAMANO Masashi