QA管理効率化のお悩みを解決!総合テスト管理ツール「PractiTest(プラクティテスト)」

テスト管理の効率化についてお悩みではありませんか?そこで今回はテスト資産の一元管理をすることで工数を20%削減できる総合テスト管理ツール「PractiTest」について、そのメリットと導入までの流れをご説明させていただきます。テスト管理の効率化に必要なポイントなども解説しているので、ぜひチェックしてみてください!

テスト管理でこんなお悩みはありませんか?

 ・テストの進捗状況やソフトウェア品質をリアルタイムで管理したい。
 ・既存のテスト資産を有効に活用できるツールを導入したい。過去にやったテストを再利用したい。
 ・チームの人数が多いのでExcelだけでは管理が難しい。
 ・複数のExcelシートで報告書を作成するのに時間がかかる。
 ・他のテスト管理ツールを使っていたがカスタマイズが自由にできなくて不便だった。
 ・テスト管理ツールをプロジェクト管理ツール等と連携させて使いたい。
 ・テスト資産を効率的に管理したい。
 ・テスト管理者が変わったらテスト資産の管理ができなくなってしまった。

ソフトウェア開発において、テストの進捗状況や品質をリアルタイムで管理することは不可欠です。しかし、多くの企業ではチームの人数が多く、Excelだけでは管理が困難という問題に直面しています。複数のExcelシートを使用することで報告書の作成だけでも大きく時間がかかってしまうという声もあります。

そこで導入するべきなのがテスト管理ツールですが、ここにも落とし穴があります。たとえばカスタマイズの問題。安価なツールでは社内フローやプロジェクトに合わせた管理のカスタマイズが不可能なので、あまり効率化に繋がらないというケースが多く見られます。また既存のテスト資産を再利用できないことから、バージョンアップのたびに新しくテストケースの設定値を入力し直さなければならないという事態に陥ってしまうことも…。

このように、テスト管理の効率化について、皆さまもさまざまな課題を抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

テスト管理の非効率がまねく8つの事態!

・不具合の発見と修正が遅れる。
・テストカバレッジが不十分になる可能性。
・チーム内やステークホルダーとのコミュニケーションに問題が生じる。
・重複作業や無駄な作業の増加。
・スケジュール管理が困難になる。
・品質管理の信頼性低下。
・新しい技術やツールの導入が遅れ、競争力が低下する。
・本来削減できるはずの工数がかかり続ける。

このままテスト管理の効率化をおろそかにし続けてしまうと、本来削減できるはずの工数がかかり続け不具合の発見と修正が遅れて、テストカバレッジが不十分になってしまう可能性があります。これにより、品質管理の信頼性が低下し、チーム内やステークホルダーとのコミュニケーションにも問題が生じてしまうかもしれません。また重複作業や無駄な作業が増え、スケジュール管理が困難になることもあります。

テスト管理の非効率、4つの大きな原因

・自社のプロジェクトやチームのニーズに合っていないツールを選定しているから。
・プロジェクトに合ったテスト資産の管理ができていないから。
・ユーザーインターフェースが直感的でないから。
・組織の既存のテストプロセスとツールが整合していないから。

テスト管理の効率化を妨げてしまっている原因として、いくつかの要素が挙げられます。まず、自社のプロジェクトやチームのニーズに合っていないツールを選定していることが問題です。先ほども述べたカスタマイズ性の不都合により、それぞれが抱えるプロジェクトに合ったテスト資産の管理ができず、効率的な作業が難しくなります

また、ユーザーインターフェースが直感的でないツールを使用していると、やはりテストには工数がかかってしまいます。さらに、組織の既存のテストプロセスとツールが合っていない場合、ツールの有効な活用ができず、全体の効率が低下します。これらの要因が重なることで、テスト管理の効率化が阻害されるのです。

PractiTest(プラクティテスト)に関する
お問い合わせ

PractiTest(プラクティテスト)のトライアルアカウントお申し込みや、製品デモの依頼、
機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

お悩みを解決できるツールがここにあります。
あなたの業務を一元化できる総合テスト管理ツール「PractiTest」の資料請求、お問い合わせはこちらのボタンから!

この8つの状況に心当たりはありませんか?

・自社にとっての使い勝手よりも費用面で妥協してしまっている。
・テスト管理に関する知識不足。
・日本でツールを取り扱っている代理店のサポート不足。
・社内スタッフ間のコミュニケーション不足。
・ツールの必要性を感じていない。
・長期的なコストに着目せず目先のコストを気にしている。
・テスト工程にコストを掛けるなら、開発や利益にまわしたい。
・生産工程ではないテストの工程のさらにツールに費用をかける効果がイメージできない。

テスト管理の効率化を進められない状況には、いくつかの共通点があります。まずツール選びの段階で、自社にとっての使い勝手よりも費用面を優先してしまうケース。コストを重視するあまり、実際の業務に適した機能が備わっているツールを選定できず、結果的に効率化をすすめられていない場合が多いです。また、テスト管理に関する知識不足も大きな障害となります。そもそもどのような機能が必要なのかを知らなければ、選定や運用ができず、結果的に効果を上げられません。

またテスト管理ツールの多くは海外製品です。日本でツールを取り扱っている代理店のサポートが不足していれば、十分な効果を期待できません。ツールの導入や運用がスムーズに進まず、問題が解決されないまま放置されてしまう事態もありえます。

社内スタッフ間のコミュニケーション不足によって必要なツールを導入できない場合もあります。テスト管理に携わる方やその上司がツールの必要性を感じていなければ、効率化を進めることはできません。仮にテスト管理ツールの導入に至ったとしても、長期的なコストに着目せず目先のコストを重視してしまえば、前述のように社内フローやプロジェクトに合わないツールを使用することとなってしまいます。

このように、効果的なテスト管理を実現するためには適切なツールの選定と知識の向上、十分なサポート、そして社内でのコミュニケーション強化が不可欠です。

テスト管理を効率化するための5つの行動

・自社にとっての使い勝手を優先する。
・テスト管理に関する知識をつけて適切な比較をする。
・国内でサポートをしてくれる商品(代理店)を選ぶ。
・社内スタッフ間の連携作業がしやすいツールを選ぶ。
・実際のテスト業務にかかっている工数を計測してみる。

ではテスト管理の効率化を進めるためには、どのような行動をすればいいのでしょうか。まずは、自社にとっての使い勝手を優先することが重要です。実際の業務に適したツールを選定することで操作性が向上し、効率化が進みます。次に、テスト管理に関する十分な知識を身につけ、適切なツールの比較ができるようにすることが必要です。これにより、自社に長期的に必要なツールを選ぶことができます。

また、国内でサポートをしてくれる商品や代理店を選ぶことも重要です。サポート体制が整っていると、トラブルが発生した際に迅速に対応してもらえるため、業務の停滞を防ぐことができます。さらに、社内スタッフ間の連携作業がしやすいツールを選ぶことも効果的です。情報共有がスムーズに行えるツールを導入することで、チーム全体のパフォーマンスが向上します。

実際のテスト業務にかかっている工数を計測することも重要です。現状の工数を把握することで、効率化のための具体的な目標を設定しやすくなります。これにより、どの部分に改善の余地があるのかを明確にし、効果的な対策を講じることができます。

これらの方法を組み合わせて実施することで、テスト管理の効率化を大幅に進めることができるのです。

PractiTest(プラクティテスト)に関する
お問い合わせ

PractiTest(プラクティテスト)のトライアルアカウントお申し込みや、製品デモの依頼、
機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

お悩みを解決できるツールがここにあります。
あなたの業務を一元化できる総合テスト管理ツール「PractiTest」の資料請求、お問い合わせはこちらのボタンから!

テスト管理効率化のお悩みを解決できるツール「PractiTest」

ここからは弊社モンテカンポが代理販売している総合テスト管理ツール「PractiTest」について、その強みと解決できる内容について解説していきます。

PractiTestの3つの強み

カスタマイズ性

・柔軟なカスタマイズ性によりプロジェクトに合わせた業務効率化が可能。

再利用性

・繰り返しテストが必要なテストケースは再利用することで効率化を図ることができる。

・リリースまでの時間を短縮し、費用対効果を高めるPractiTestはすべてのテストアプローチに対応することができるため、高品質で迅速なソフトウェア開発をサポートできる。

外部連携

・Jira SoftwareやSlackなど他ツールとの連携によってより一元的な管理が可能になる。

・テスト業務や資産の全てを一か所にまとめ、可視化することができる。

さらに…

・日本のスタッフによるサポートが可能。
・キックオフから使用開始まで日本のスタッフが導入サポートできる。
・個人情報や機密情報の管理について最も厳しいセキュリティ基準に準拠。

​​PractiTestは、柔軟なカスタマイズ性により各社のスタイルに合わせた業務効率化を実現できる総合テスト管理ツールです。各企業のニーズに応じたカスタマイズが可能なため、テスト業務の効率を大幅に向上できます。

再利用性についても大きな特徴です。繰り返し必要なテストケースを再利用することで、テストプロセスの効率化が図れ、リリースまでの時間を短縮します。これにより、費用対効果が高まり、高品質で迅速なソフトウェア開発をサポートできるのです。対応できるプロジェクトの幅も広がることでしょう。

さらにPractiTestはJira SoftwareやSlackなどの他ツールとの連携が可能で、より一元的な管理を実現します。テスト業務の全てを一か所にまとめて可視化することで、進捗状況や品質をリアルタイムで把握することができます。

日本のスタッフによるサポートも提供しており、キックオフから使用開始まで導入をしっかりとサポートします。これにより、初めての方でも安心してPractiTestを導入し、効果的に活用することができるでしょう。

PractiTestが連携できるツール

PractiTestの機能説明動画

工数を20%削減することも可能

・テスト資産の一元管理が可能になる。
・Excelやスプレッドシートなどからインポートが簡単にできる。
・ダッシュボードでリアルタイムでテストの進捗状況を可視化できる。
・テストケースの再利用やプロジェクトにあわせたカスタマイズができる。
・テストシナリオの作成を効率的に作成することができて、工数を20%削減することができた。
・継続的に管理することができる。

PractiTestを使用することで得られるメリットは多くあります。まず、テスト資産の一元管理が可能になります。全てのテストデータや結果を一か所で管理することで、情報の整理やアクセスが容易になり、時間も短縮できるのです。Excelやスプレッドシートなどからのインポートが簡単にできるため、既存のデータをスムーズにPractiTestに移行することができます

またPractiTestのダッシュボードを活用すれば、リアルタイムでテストの進捗状況を可視化できます。これにより、プロジェクトの現在の状態を迅速に把握し、適切な意思決定を行うことが可能です。さらに、過去におこなったテストケースの再利用が可能なため、バージョンを更新しても同じテストを始めから繰り返さなくて済みます。プロジェクトに合わせたカスタマイズも可能なため、より状況に合わせたテスト作業の効率化が図れます。

PractiTestを使用することでテストシナリオやテストケースの作成が効率的に行うことができ、実際に工数を20%削減することができたという実績もあります。工数を削減することでリソースの有効活用が進み、プロジェクトの生産性向上につながります。また、継続的にテストを管理することができるため、長期的な品質保証をおこなうことができます

導入の実績

PractiTestは、世界的にも有名な数多くの企業にご利用頂いています。マクドナルドやTOYOTA、楽天グループなど非常に幅広い業種でその信頼性と効果を証明しています。

ユーザーの声

PractiTestを導入した様々な企業から導入効果についてのコメントをいただいています。そのうちの一部をご紹介させていただきます。

要件とテストケース、課題を関連付けて、もれなく効率良くテストできるところが当社にとって最大の魅力です。また、テスト資産を有効活用できる点も製品ラインナップ、バージョンアップの多い会社にピッタリのツールです。本ツールの採用により、より早く、品質の高い製品をお客様にご提供できるようになると確信しています。

ソースネクスト株式会社 プロダクトGroup テストTeamマネージャー 澤永敏郎氏

私たちはいくつかの異なるテスト管理プラットフォームを比較し、PractiTestを当社の標準として選びました。現在、さまざまなテスト管理システムをPractiTestひとつで管理しています。

NCR副社長 アーサー・メロイ氏

PartsSourceチームは、PractiTestとの提携により多くの利点を実感しています。具体的には、テストケースの標準化、反復作業の削減、新しいリソースのオンボーディング効率の向上、テスト作成の大幅な時間節約などです。

PartsSourceテストディレクター Siva Kopparapu氏

PractiTestは私たちにとって信頼できるパートナーです。以前のツールを使用していた時よりも、テストシナリオを20%速く作成できるようになりました

MoroSystems テスト リーダー Oldrich Klima氏

PractiTestは、自動化テストの活動を管理しやすく可視化してくれました。PractiTestを使用することで、管理者や顧客へのテスト結果の提供がはるかに迅速かつ容易になりました。また、より良い自動化テスト管理を提供してくれています。

Oqton テスト アーキテクト Jiawei Wang氏

PractiTestの使用により、私たちの会社の複数の配信方法に対して対応できるような統一性あるテストアプローチができました。私の部署は認知と評価を得ることができました

AST Corporation テストセンターエクセレンス リーダー Mohita Prasad氏

PractiTestの使用によりコードの品質が向上しました。テストのカバレッジは90%、要件の達成率は100%です

Jessica Carreno Fernandez RazorSecure ソフトウェア開発者

間違いなく、より高品質な製品をリリースしています。より組織化され、コミュニケーションが取れたテスト管理は、最終的にエンドユーザーにとってもより良い体験を意味し、それが結果として現れています。

Syed Abbas Roblox テストエンジニア

PractiTestのレポートとダッシュボード機能により、テストのカバレッジを完全に可視化することができました。カバレッジに対する自信も高まり、より迅速にリリースできるようになったため、ビジネス価値が向上しました。

Surendra Nagaura Lambdatest テストリーダー

PractiTest(プラクティテスト)に関する
お問い合わせ

PractiTest(プラクティテスト)のトライアルアカウントお申し込みや、製品デモの依頼、
機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

お悩みを解決できるツールがここにあります。
あなたの業務を一元化できる総合テスト管理ツール「PractiTest」の資料請求、お問い合わせはこちらのボタンから!

PractiTest導入の流れ

安心の3ステップ

1.トライアル利用
2.設計サポート
3.運用サポート

弊社ではPractiTestを導入していただくにあたり、3つのステップをご用意しております。

まずひとつはトライアル。これによってPractiTestが本当に御社に必要な機能を担っていけるのか、といった点をチェックしていただきます。またトライアル前やトライアル中には機能についての具体的な説明や質問をオンラインで実施させて頂きます。

次に設計サポート。キックオフミーティングや実際のテスト状況をヒアリングして導入サポートをさせていただくことで、より早く安心な導入に繋げてまいります。

そして運用サポート。実際に使われていくなかで、わからないことや困ったときに日本のスタッフがご対応させていただきます

導入支援の流れ▲

価格は1ライセンスあたり月額49ドル〜

PractiTestは、1ユーザーあたり月額49ドルからの手頃な価格で提供しています。

コストパフォーマンスに優れた大幅な業務効率化という点に強みがあり、高い信頼性と効果を武器に企業規模や業界を問わず多くの企業にPractiTestを導入していただいております。是非、この機会にPractiTestを導入し、貴社の品質管理を一層強化してください。

▲ 価格についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。

PractiTest社との取り組みについて

株式会社モンテカンポでは、2018年よりイスラエルのH.S.PractiTest Ltd.社(以下 PractiTest(プラクティテスト))と販売代理契約を締結し、同社が提供する総合テスト管理ツール「PractiTest(プラクティテスト)」の日本初の販売代理店としてツールの販売および導入支援を行っております。

「PractiTest(プラクティテスト)」の日本市場への普及を通して、ソフトウェア開発の効率化とテスト資産の管理と有効活用をご提案いたます。「テスト」を単純な作業から、サービス品質を視覚化し品質管理する戦略的な工程に変えるべく、「PractiTest(プラクティテスト)」を活用しお客様の製品品質向上に向けて共に取り組んでまいります。

資料請求・お問い合わせはこちらから!

PractiTest(プラクティテスト)に関する
お問い合わせ

PractiTest(プラクティテスト)のトライアルアカウントお申し込みや、製品デモの依頼、
機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

お悩みを解決できるツールがここにあります。
あなたの業務を一元化できる総合テスト管理ツール「PractiTest」の資料請求、お問い合わせはこちらのボタンから!