【PractiTest】階層フィルターと複数の基準を持つフィルターを作成

はじめに、階層フィルターツリーのビデオをご覧になることをお勧めします。英語版ですがどういったものかわかり画像で見れます。

階層フィルターを使用すると情報を整理して、より簡単検索できるようになります。任意の方法で使用できますが、単一の基準を使用して情報を整理する必要はありません。複数の基準を持つフィルターを追加するのは簡単です。

まず、リストフィールドとリンクリストフィールドの2種類のフィールドが必要になります。この例では、親リストフィールドは「機能」と呼ばれ、子リンクリストフィールドは「サブ機能」と呼ばれます(フィールドは[設定]-> [フィールド]の下に作成されます)。

リンクリストフィールドの作成方法がわからない場合は、ここをクリックして詳細をご覧ください。

作成方法

機能リストフィールドの作成
サブ機能のリンクリストフィールドの作成

フィルターを作成することから始めます。「+New Filter」または既存のフィルタツリー内「+Add Sub Filter」から追加できます。

新しいフィルターまたはサブフィルターの作成

メイン機能ごとおよびサブ機能ごとにフィルターを作成します。

フィルタ基準

サブフィルター基準

新しいテストを作成するときは、「機能」フィールドと「サブ機能」フィールドに値を入力します。

カスタムフィールドを使用してテストを分類する

サブフィーチャー1フィルターのグリッドビュー

複数の基準を持つフィルターの作成

カスタムフィルターを使用すると、情報を整理して、より簡単にアクセスできるようになります。複数の基準を持つフィルターを追加するのは簡単です。

以下の例では、フィルター基準に「OR」および「AND」を使用して、自分(現在のユーザ)に割り当てられ、かつバージョン1.5または1.6に関連するすべての課題を表示する表を作成する方法を示します。

  1. 新しいフィルターを作成し、名前を付けます。
  2. 次に、[Filter Criteria]から、[Add AND query]をクリックします。'AND'クエリを追加
  3. フィルタリングする最初の基準を選択します。この例では、課題が割り当てられているユーザーでフィルタリングしました。最初のフィルター基準としてフィールドに割り当てられたピック
  4. さらに別の基準を追加することができます。「Add AND query」を再度クリックし、フィルター条件を追加します。追加の「AND」クエリ
  5. 複数のバージョンが関連している場合は、「OR」フィルターを追加してさらにバージョンを追加できます。'OR'クエリの使用
  6. 関連するフィルターを選択したら、「フィルターの作成」ボタンをクリックします。これにより、前のページに戻り、[All Issues]の下に新しいフィルターが表示されます。フィルタビューから作成したフィルタを選択する

定義したとおり、ここに表示される課題は、特定のユーザー(現在のユーザー)と選択したバージョン(1.5または1.6)に割り当てられた課題のみであることがわかります。

作成したフィルターのグリッドビュー

PractiTest(プラクティテスト)に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai