PractiTest(プラクティテスト) vs Zephyr(ゼファー )

PractiTest と Zephyr

Zephyr(ゼファー)は、アトラシアンのマーケットプレイスでもっともインストールされているJIRAプラグインでJira Work Management / Jira Software / Jira Service Management などのJira製品上で動作するテスト計画、テスト進捗、テスト結果などを管理する費用対効果の高いテストマネージメントツールです。

Jira Addonsの定価をみるには、ここを参照ください。

ダッシュボード画面

PractiTest
Zephyr

PractiTestとZephyrはどちらもエンドツーエンドのテスト管理ソリューションであり、ZephyrはJiraの操作性や機能を、そのまま利用する事ができConfluence、Bamboo、Bitbucket、Jenkins、Junit、Mavenなどども連携が可能になります。PractiTestも同様にJira(クラウドとサーバーの両方)やAPI、FireCracker、WebHooks、Eggplant、Jenkinsなどと連携することができます。

テスト実行画面

PractiTest
Zephyr


比較表

PractiTestZephyr
要件とユーザーストーリーの管理
階層的な要件のサポート
テストケース管理
各テストステップに添付ファイルを追加
プロジェクト間のテストの複製
バッチ操作(複製、編集、削除)
登録したテストの再利用
探索的テストモジュール(セッションベースのテスト)×
テストセットと実行管理
実行と結果の履歴を管理
実行中にテストを編集
テストから問題/バグを報告し、テストを自動入力して再現
テスターへのサイクルとテストの割り当て
テストケースとセットのパラメーター化×
バッチ操作(複製、編集、削除)
リポジトリからのテストをテストセットの実行に再利用
テストセットの組み合わせ作成
課題管理
独立した課題管理モジュール
類似の課題を検出し、二重登録の防止をサポートする機能×
課題をメールで直接報告する機能×
バッチ編集
連携
サードパーティのバグ追跡システムとの連携
テスト自動化ツールとの連携
ソース管理システムとの連携
Zapier×
API
Slack連携
Webhook×
カスタマイズ
情報を整理するための階層型フィルター(例:テストツリー、バグカテゴリ、要件タイプ)×
ワークフローの変更
カスタムフィールドとフィルター
権限とメール通知設定を個人ごとに変更
報告
カスタマイズ可能なグラフ/ダッシュボードとレポート
予定されたレポート×
追加機能
すべてのデータのインポートとエクスポート
検索(条件を追加する機能)
外部ダッシュボードと埋め込みグラフ
CloudまたはインストールCloud両方
タスクボード×
セキュリティと認証
Soc 2×
ISO 27001
サービスとサポート
サービスとサポート×

判断基準は?

PractiTestはSaaSベースのエンドツーエンドのテスト管理ソリューションであり、要件からテスト、レポート作成、共有結果まで、アプリケーションライフサイクル管理のすべての側面をカバーします。主にテストに重点を置いて作成されたものであり、再利用性機能を備えたテストを複製する必要性を排除する、階層型フィルターでテストを整理し、テスト時間を短縮して効率を向上させます。

Zephyr for JiraはJiraアドオンであり、すべてのテストはJira内で行われます。このツールは手頃な価格で、BDDテストやREST APIを使用した自動化ツールやDevOpsツールとの統合などの一連の優れた機能を備えていますが、Jira内では作業が制限されており、要件やユーザーストーリー、柔軟性を管理できません。Jira内での作業はテスト用に設計されていないツールを使用すると、必要な可視性をテストする能力が制限される可能性があります。

PractiTest(プラクティテスト)に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai