PractiTest(プラクティテスト) vs QAComplete(キューエーコンプリート)

今回は、QAcompleteと比較してみました。以下は、それぞれダッシュボードの画像になります。

PractiTestとQACompleteのダッシュボード画面

どちらのテスト管理ツールも、ユーザーストーリー、テスト管理、テストセットと実行、課題管理とレポートの完全なQAカバレッジを提供します。

PractiTestとQACompleteのテストセット実行画面

比較表

PractiTestSpiraTest
要件とユーザーストーリーの管理
階層的な要件のサポート
テストケース管理
各テストステップに添付ファイルを追加
プロジェクト間のテストの複製×
バッチ操作(複製、編集、削除)×
登録したテストの再利用
探索的テストモジュール(セッションベースのテスト)
テストセットと実行管理
実行と結果の履歴を管理
実行中にテストを編集×
テストから問題/バグを報告し、テストを自動入力して再現
テスターへのサイクルとテストの割り当て
テストケースとセットのパラメーター化×
バッチ操作(複製、編集、削除)×
リポジトリからのテストをテストセットの実行に再利用
テストセットの組み合わせ作成
課題管理
独立した課題管理モジュール
類似の課題を検出し、二重登録の防止をサポートする機能×
課題をメールで直接報告する機能×
バッチ編集×
連携
サードパーティのバグ追跡システムとの連携
テスト自動化ツールとの連携
ソース管理システムとの連携
Zapier×
API
Slack連携
Webhook
カスタマイズ
情報を整理するための階層型フィルター(例:テストツリー、バグカテゴリ、要件タイプ)×
ワークフローの変更
カスタムフィールドとフィルター
権限とメール通知設定を個人ごとに変更
報告
カスタマイズ可能なグラフ/ダッシュボードとレポート
予定されたレポート×
追加機能
すべてのデータのインポートとエクスポート
検索(条件を追加する機能)×
外部ダッシュボードと埋め込みグラフ×
CloudまたはインストールCloud両方
タスクボード
セキュリティと認証
Soc 2
ISO 27001×
サービスとサポート
サービスとサポート×

判断基準は?

どちらのツールも一長一短ですが、細かい違いとしては以下の通りです。

PractiTestはSaaSベースのツールであり、アジャイルおよびDevOps環境に対応しています。またシステムにはエンドツーエンドの機能があり、SlackやZapierなどの主要なツールとも連携が可能で、メールで直接課題を報告することもできます。レポートは外部ダッシュボードに埋め込むことができ、Soc2とISO27001、GDPRなどのセキュリティ認証を取得しています。

QACompleteSmartBearCorporationの一部であり、値段はオンプレミスで$999/年(2017年2月22日現在)、ホスト型ソリューション(Saas)のプランでは$599/年になっています。

「PractiTest(プラクティテスト)」に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなど日本正規代理店である弊社にお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai