【PractiTest】主な更新情報<3月>

グループ内のユーザーへのエンティティの割り当て

今後、プロジェクト設定で有効にすると、エンティティを1人のユーザーだけでなく、ユーザーのグループ(プロジェクト設定の[ユーザーとグループ]で定義)に割り当てることができます。 

グループに割り当てる

xBotベータ版の改善


テストセット&実行モジュールの下に、現在実行中のテスト、列の並べ替え、今後スケジュールされているテスト、履歴など、xBotテストに必要なすべての情報が表示されます。xBotオプションの詳細については、こちらをご覧ください。 xBotキュー

新しいJiraパネル-PractiTestとJiraの連携をさらに活用する


Atlassianの更新された課題ビューを使用すると、Jira内の関連するすべてのPractiTest情報を新しいパネルで確認でき(ServeおよびDCユーザーはJiraのPractiTestプラグインを更新する必要があります)、JiraからPractiTestの要件までの課題に簡単にリンクできます。

課題がPractiTestで発生した場合(またはPractiTestの課題にリンクされている場合)、詳細が表示され、実行のすべてのデータにリンクされます。 test-run-in-jira-panel

課題がPractiTest要件にリンクされている場合は、このユーザーストーリーをカバーするテストに関するすべてのデータが表示されます。 test-in-jira-panel

Jiraの課題をPractiTest要件にリンクし、それをカバーするテストを作成する場合は、ボタンを押すだけで実行できます。 create-test-in-jira-panel

「PractiTest(プラクティテスト)」に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai