【PractiTest】去年末更新事項まとめ(2021.11~)

去年の更新事項まとめ

自動化 – PractiTest は、複数のソリューションによるテスト自動化連携を常に改善し、最も高度なテスト管理ソリューションにしています。
連携 – PractiTest をすべての QA 情報のハブとして使用し、より多くの連携ツールを追加し、Jira との 2 方向統合を高度に改善しました。
可視化 – PractiTest の新しい可視化機能により、データの価値が高まり、正しい意思決定ができるようになりました。
機能性 – 日常業務の機能改善により、PractiTestはさらに時間とお金を節約できるようになりました。
2021年の年間サマリーはこちらでご覧いただけます。

Jiraとの連携改善 – PractiTestの実行からリンクされた課題フィールドを報告する
PractiTestの実行から課題を直接報告する際、Jiraのように、リンクされた課題を選択し、2つの課題の関係を選択するオプションが追加されました。これは、報告先の Jira プロジェクトと選択した課題の種類に、Jira のこのフィールドが含まれている場合にのみ利用可能です。

xBot 2 BETA – PractiTest の内部自動化フレームワークである xBot 2 BETA のリリースにより、ユーザーは自動化の結果を PractiTest で管理できるだけでなく、システム内から実行をトリガーし、実行結果を確認できるようになりました。スケジューリングやエージェントパフォーマンスビューなどの継続的な改善により、xBot はテストプロセス全体における自動テストの制御と可視性を向上させます。

xBot queue

FireCracker – PractiTest 社が内部開発したツールで、フレンドリーな UI を使用して、あらゆる XML テスト結果を解析し、PractiTest テスト、セット、実行、フィールドに変更するもので、CI/CD ツールとユニットテストを統合する主要な方法です。修正段階で追加されたパラメータとカスタマイズオプションにより、このツールは、すべてのテスト作業を一元化する際に、さらに価値のあるものになります。

REST API – PractiTest REST API は、使いやすいドキュメントを備えており、あらゆる自動化ツールを PractiTest に連携する方法の 1 つです。去年は、フィールドとステップの作成と更新をカバーするためにAPIコールを拡張し、ユーザーにさらなる選択肢と柔軟性を提供しました。

PractiTest(プラクティテスト)に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai