【新しい機能】テストスコア

テストスコア機能

PractiTest の Test Score 機能は、テストの実行履歴、実行中に報告された問題など、テストの複数の属性に基づいてテストの価値を判断する機能になります。

機械学習アルゴリズムと、PractiTest チームが数千のテスト組織と数億のテストと実行に関わる中で収集したデータと経験に基づく経験則に基づいています。

この機能を使用することで、テスト設計者や管理者は、個々のテストケースにおいて優先順位をつけたりテストスコアから得られる情報をもとに、テスト業務に関して戦術的・戦略的な決定を下すことができます。

test-score

この機能をプロジェクトで有効にすると、Test Library モジュールと Test Sets 内の Instance グリッドでテストのスコアを確認できるようになります。テストの実行を継続すると、テストの実行回数、実行状況、各実行で報告されたバグなどの実行の属性に基づいて、スコアフィールドが常に更新されます。

PractiTest のフィルタリング機能を使って、より高い価値を提供するテストだけに集中し、同時に、プロジェクトにあまり価値をもたらさないテストの改善に取り組むことができます。

※テストスコア機能を有効にするには、PractiTest のサポートチームに連絡をし機能を追加された後、プロジェクト設定に移動し、テストスコアオプションを有効にしてください。(現在はまだβ版のため一部のクライアントのみご利用しています。リリースが決定しましたらまた追記します)

test-score-settings

PractiTest(プラクティテスト)に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai