初心者テストエンジニアが総合テスト管理ツール「Practitest」を調べながら使ってみた~4~

新人テストエンジニアがPractitestを触ってみたシリーズ 第4弾

今回はPractitestの「Summary Home」について調査してみます!

まずログインすると、このような画面に遷移すると思います。

この画面には様々な種類の進捗状況が記載されていますね。

今回はそのうちの「Issues by Status」に絞って調査します。

コチラの意味は「エラーが報告されたテスト項目のステータス」

基本的なステータスを見ていきたいと思います。

closed:バグが解決したという事ですね。

rejected:バグ報告を挙げたが、仕様上バグではないと判断されたという事ですね。

opened:バグがバグのまま手つかずの状態を表しています。

その他のステータスも今後見ていけたらと思いますが、今回はここまで。

今後さらに深く「Summary Home」の画面を見ていきましょう

それでは~~

PractiTest(プラクティテスト)に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai