なぜ障害者雇用をするのか

当社では、2016年から障害者手帳を持っていても働く意志のある方を積極的に採用しています。

現在でこそ、障害のある無しに関わらず採用を行うことが社内の方針としてもある程度浸透していますが、創業当初からこのような方針で行っていたわけではありません。今回はその事について書いてみたいと思います。なお、弊社が障害者雇用に至るまでの経緯については、以下の記事をご覧ください。

弊社の理念は次のような内容です。

わたしたちは「しあわせ品質共創会社」として、
それぞれのつよみを最大限発揮することで、
専門職や技術に関わる全ての人の幸福と発展を共創します。

理念の中に「〜つよみを最大限発揮〜」という箇所があります。
自分の弱点の克服も重要ですが、長所を伸ばすことで全体的な能力を引き上げて欲しいという願いが込められています。

障害者雇用をはじめたきっかけの記事にもある通り、最初は現場担当者も含めて弊社の社員全員が障害者雇用について何も知りませんでした。

一緒に働いてみると、(まあ、改めて考えれば当然のことですが)障害者手帳を持っている方でもできる仕事は思っているよりも多い。
お互いに配慮すべきことを知ることが何よりも大切であることに気づかされました。

それ以来、障害者の方にも社内で重要な役割を担っていただいており、現在ではなくてはならない存在です。

これからも弊社では、障害のある、なしに関わらず、弊社理念に共感できる方と一緒にビジョンに向かって働きたいと考えています。

Posted by YAMANO Masashi