【PractiTest】アカウント設定の仕方

アカウント設定

アカウント設定(アカウント管理者のみ編集可能)内では、アカウント内のプロジェクトを管理したり、プロジェクトやユーザーに関する追加情報を表示したりできます。現在ご自身がアカウントの所有者である場合は、画面の左上にある[設定]の中の[アカウント設定]リンクが表示されます。このリンクは他のユーザーは利用できません。 

アカウント設定アクセス

ページ目次

[一般]タブ 

[プロジェクト管理]タブ

[ユーザーの 管理]タブ

[連携]タブ

一般タブ

  • アカウントの詳細を設定する
  • ライセンスタイプの表示と変更
  • アクティブなプロジェクトと期限切れのプロジェクトをすべて表示する
  • 支払い情報を変更、支払いの詳細を確認する
  • アカウントのユーザー情報を見る
一般タブ

また、Enterpriseバージョンを使用している場合は、APIトークンを使用できます。

プロジェクト管理タブ

新しいプロジェクトを作成する

新しいプロジェクトを作成するときに、既存のプロジェクトの構造を複製(コピー)するか、関連するテンプレートに基づいてプロジェクトを作成するかで時間をより節約できます。(新規のプロジェクトを作成する場合は、両方可能になります。)

新しいプロジェクトを作成する

既存のプロジェクトからコピーする場合は、過去の複数あるプロジェクトから選択でき、新しいプロジェクトでどのように設定したいか構成設定を選ぶオプションがあります。フィールド(カスタムおよびシステム)、ユーザーグループとワークフロー、ユーザーとそのグループの割り当てを個別にコピーすることができます。

新しいプロジェクトを作成する

「テンプレートから選択」にチェックマークを付けると、プロジェクト構造をどのようにしたいかに応じて方法を選択するオプションが表示されます。オプションは次のとおりです。

  1. 従来型 -ウォーターフォールや既製のフィールド、フィルター、ダッシュボードに似たアイテムでサイクル、機能、サブ機能、テストレベル、ビルドをサポートします。
  2. アジャイル -リリース、スプリント、ビルド、機能、サブ機能、テストレベルをサポートする既製のフィールド、フィルター、およびダッシュボードアイテムで、アジャイルDevOpsおよびアジャイルをサポートします。
  3. 従来型+オートメーション -上記の従来型のものを手動と自動で行います。
  4. アジャイル+自動化 -リリース、スプリント、ビルド、機能、サブ機能、テストレベル、およびさまざまな実行タイプ(手動および自動)をサポートする既製のフィールド、フィルター、およびダッシュボードアイテムで、アジャイルDevOpsおよびアジャイルをサポートします。
  5. 新規で始める -定義済みのカスタムフィールド、フィルター、ダッシュボードアイテムはありませんので新しいプロジェクトをまっさらなところから作成していきます。

新しいプロジェクトを作成する

[新しいプロジェクトを作成]を押すと、選択したテンプレートの要素を使用して新しいプロジェクトが作成され、画面左上の[検索]タブの横にあるプロジェクトのドロップダウンリストに表示されます。

注:PractiTestは、ご自身のアカウントできるプロジェクトの数を制限しませんが、最初は、1アカウントで4つのアクティブなプロジェクトのみに制限されます。これは、プロジェクトを正しく使用し、ユーザーに不要なオーバーヘッドを生じさせないようにするためです。この制限を解除するには、サポートチームに連絡してください。サポートチームがプロジェクトを追加する方法を説明いたします。

プロジェクトを編集

プロジェクト管理

同じタブで次のことができます。

  • すべての既存のプロジェクトと含まれているユーザーを表示する
  • プロジェクト全体を有効/無効/削除する
  • 特定のプロジェクトを編集する:関連するプロジェクトの横にある編集(鉛筆)をクリックします。ここでは次のことができます。
    • プロジェクトの名前を変更する
    • 課題の削除を有効にする
issue_deletion

課題の削除はお勧めしません。関係ない課題のステータスを「クローズ」に変更することをお勧めします。

[ユーザーの管理]タブ

プロジェクト別のユーザー:

下記は、パスワードのリセットオプションに属するプロジェクトのユーザーを表示しました。

各ユーザーのライセンスタイプを表示します。

[ユーザーの管理]タブ

プロジェクトへの一括追加

-リストからユーザーを簡単に選択し、プロジェクトのグループに追加できます。

-特定のユーザーを検索して、一度に追加できます。

プロジェクトへの一括追加

すべてのプロジェクトから削除:

[ユーザーの管理]タブから特定のユーザーを選択し、すべてのプロジェクトから簡単に削除します

すべてのプロジェクトから削除

アカウント所有者と個人用APIトークン

<アカウント所有者の変更または追加>

PractiTestアカウントの所有者は、自分の役割を別のユーザーに簡単に転送でき、アカウントには複数の所有者がいる場合もあります。

アカウント所有者を変更/追加するには:

  1. アカウント所有者として、[アカウント設定]> [ユーザーの管理]> [アカウント所有者*]> [アカウント所有者にする]に移動します。
  2. アカウント所有者が別のユーザーに役割を譲渡せずに会社を辞めた場合、会社でまだ働いているPractiTestユーザーは、アカウント所有者の資格情報を使用してログインする必要があります(必要に応じて[パスワードを忘れた]オプションを使用します)。過去の所有者を削除する前に、ステップ1で説明したアカウント設定とアクションを実行します。

* [アカウントの所有者]タブに移動すると、アカウントの所有者として追加のユーザーを作成できるユーザーのリストが表示されます。

アカウント所有者の追加
<パーソナルAPIトークンの有効化>

アカウント所有者は、ユーザーの個人用APIトークンを有効または無効にできます。

個人用APIトークン

有効または無効にするユーザーの横にある[変更]ボタンをクリックすると、PAT(パーソナルAPIトークン)を無効または有効にすることを選択できるポップアップ画面が表示されます。

個人用APIトークンポップアップ

有効にすると、ユーザーは個人のユーザー設定でPATを見つけることができます。

連携タブ

連携タブには、アカウントレベルで使用できるすべての連携が含まれています。JiraCloud、Jira Server、Pivo​​tal Tracker、Rally(CA Agile Central)、Youtrackなどが連携可能です。

詳細はこちらをご覧ください。

「PractiTest(プラクティテスト)」に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなど日本正規代理店である弊社にお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai