Excelがあなたのテスト管理を妨げていませんか?

テスト管理は「PractiTest」で効率良くより簡単に

今この記事にたどり着いたあなたは、現在どのようなテスト管理をお使いですか。

きっとExcelなどの表計算ソフトを使っているのではないかなと思います。実際にExcelを使っているテスターさんはまだまだ多いと思います。テスト管理や文書作成、報告のツールとして多くのテストチームはExcelを利用しています。今もしあなたがExcelを使っているのであれば、この記事はあなたのための記事です。初期の段階では、ほとんどのチームがテスト結果の報告だけでなく、テストの計画や文書の作成にもExcelのスプレッドシートを利用しているのではないでしょうか。しかしチームが大きくなったり新人さんが入ってくると、Excelシートを使って情報を共有することで細かな問題が増えてきます。例えば、次のような状況に遭遇する機会が増え、日常的に悩まされることになります。

  1. 実行すべきテストケースがどのExcelシートにあるか探すという単純な作業に膨大な時間がかかってしまう
  2. 一人一人に聞かないと、テスト作業のプロジェクトの状況や進捗が分からない。
  3. 未更新や間違いのあるExcelシートで誤ってテストをし、数時間も実行してしまった
  4. Excelシートの保存/上書きや紛失などで自分たちの作業やテストの結果を失う事態が発生することがある
  5. テストを書くことは贅沢なものだと考えられており、ほとんどのテスト活動において文書や説明がない

もしこれらの例に1つ以上当てはまれば、改善の余地があります。あなたのテスト作業においてExcelが役に立つツールではなく、障害となってしまっていればコストや時間が非常にもったいないものになってしまっている可能性があるのです。

視認性

1つのExcelシートに複数人で作業をする際は、共有したり、意見を交換したり、変更箇所について話すのは簡単なことかもしれませんが、チームが大きくなったら、どうでしょうか?増えたメンバーと複数のExcelシートを見るとやがて複雑になり見にくくなっていきます。また、プロジェクトが成長しさらにテストが増えれば、多くのシートをまたいで複数の人間が変更を追跡し管理することはとても難しくなります。

構成管理

ソフトウェアプロジェクトの成功には構成管理が必要不可欠です。それにはバージョン管理と変更管理が極めて重要になってきます。開発者が作成したソースコードには優れたソフトウェア構成管理ツールが重要であるというのとまさに同じで、テストや関連文書の管理を運営し維持するには同じようなツールが必要です。Excelは、変更管理、権限へのアクセス、あらゆるテスト、テストデータおよびテスト結果の信頼性の維持に関してはあまり高い機能を備えていません。Excelシートは簡単になくなってしまったり、間違った場所に保存されたり、上書きされたりしてしまいます。変更されるごとに新しいバージョンを共有したり作成したりすることも容易ではありません。ですから、これらのニーズをすべて備えた適切なテスト管理ツールが必要なのです。

テストの計画と実行

Excelシートに約1000のテストケースがあり、それらがコンポーネントと機能に基づいて複数のシートにまたがっているシナリオを想像してみてください。今、あなたは現在のスプリントまたはイテレーションに向けて、新しく書かれる一部のテストと全領域から選んだ少数のテストによる以前のテスト範囲のリグレッションテストからなるテストを計画しなければなりません。変更を反映し、1つの場所で実行するためのテストを編集するには、元のExcelから必要なテストをコピーして新しいExcelを作成する必要があるかもしれません。もしくは、タグやフィルターのついた列や現在のスプリントのテスト実行結果を加えて同一のExcelで作業をする必要があるかもしれませ ん。これらの方法はいずれも柔軟性がなく、皆が頻繁に2つのExcelシートを行き来して、どちらのテストが現在のスプリントテスト計画に入っているのか混乱してしまうので、すべてのメンバーが情報を共有するのは難しいかもしれません。
一方、テスト管理ツールでは、テストの計画を立てるのも、メンバーに直接作業範囲を割り当てるのも簡単です。各メンバーが何を課されているのかが明確で、常に役割が可視化されているので、テスト実行が円滑に開始できます。実施結果がその場で直接記録されるので、 誤ったテストの実行やテスト結果を失うといった可能性はありません。ご利用いただけるツールにはさらにすばらしい特性と機能がつい ており、同じ作業を2度繰り返すような事態は発生しません。

テスト状況と報告

Excelで作業をすると、複数のExcelシート上で報告書を作成するのがとても大変になったりします。それぞれのテスターに、テストの報告を毎日、リリースが近くなったら1時間毎にするよう伝えるために常に走り回っているテスト管理者もいるかもしれません。また、データを様々なExcelスプレッドシート(テスト実行数や、passしたテスト、failedしたテスト、不具合のあるID、様々な要因でできなかったテストなど)から照合する必要があるのでスプリントやリリースのテスト結果を作成すること自体が目標となってしまいます。手が込んだExcelの計算式やマクロを使って作業したとしても、そこまで高度な報告書ができない可能性もありますし、新たな疑問が発生したり、更なる情報が必要となった時に、それぞれのExcelに戻って再度照合しなければなりません。
今度は同じ状況で、ユーザーストーリーがあり、関連するデザインの文書のマッピングに加え、不具合や解析状況のマッピングされ たテストケースIDが作成される要件のトレーサビリティのマトリックスを作成すると想像してみてください。このようなカバレッジ状 況を含むマトリックスを作成するのはExcelでは不可能に思えますし、それを維持していくなど、まるで悪夢のようです。 適切なテストツールは、テスト報告の作成やテスト結果の収集といった課題の達成ができるように設計されていて、必要な時にいつでも リアルタイムのテスト状況が分かるような完璧な視認性と透明性を備えています。また、追加の作業なしで徹底した追跡ができる ように、不具合管理ツールやタスクボードのような関連ツールと統合することもできます。

そして、移行の手間を心配する人のために言及しますが、PractiTestのようなたいていのテスト管理ツールは、たった一度の操作で簡 単に、Excelスプレッドシート上の既存のテストをアップロードし転送することができます。テストデータとともに既存のテストすべて をテスト管理ツールへ移しても、それらを簡単にグループ分け、移動、管理することができます。これにより、チーム全体にとって、より 簡単で円滑かつ柔軟性があり、透明性のあるテスト管理が可能となるのです。
つまり、ツールでもっと効率よくできる作業において、これ以上大変な思いをする必要はないのです。Excelでの苦労なんてもうやめま しょう。Excelより優れた、テストを便利にするすばらしいテスト管理ツールに投資する時です。明日へ引き伸ばすような事案ではあり ません。私たちの顧客のご意見をご紹介いたしましょう。

PractiTestにより、テストとバグの報告を一元的に事前定義されたモードで1つのデータベースにまとめ、本当に必要な秩序をもたら しテストプロセスを合理化することができます。顧客に対して完全な透明性をもってサービスを提供しているので、顧客に明確で正確 な開発状況を示すことも可能です。このため、PractiTestのダッシュボードと報告メカニズムは優れたツールだと感じます。このよう に、PractiTestのおかげで、我々は最高の顧客満足度を達成することができています。」 ハイラ・ヴァックス(Symcotech社 品質保証チームリーダー)

PDFをダウンロードPractiTest

PractiTestについて

PractiTestはエンドツーエンドのテスト管理ツールです。すべての品質保証関係者がご利用可能で、テストプロセスをしっかりと可視化し、テスト結果を深く広く理解することができます。
カスタマイズの幅が広く、品質保証チームの常に変化するニーズに対応することができます。一般的な不具合追跡での幅広いサードパーティの連携や自動ツールに加え、APIの活性化なども可能です。ニーズに合った最高の製品を迅速に販売できるよう、スムーズで専門的なサポートで、お客様の時間とシステムの有効性を最大限のものに変えていきます。

PractiTest(プラクティテスト)に関するお問い合わせ

「PractiTest(プラクティテスト)」のトライアルアカウントのお申し込みや、製品デモの依頼、機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

Posted by IMAMURAMai