【初心者必見!】テスト管理を効率化するための5つの行動について解説!

テスト管理の効率化についてお悩みではありませんか?そこで今回はテスト管理のよくあるお困りごとやその解決方法についてご説明させていただきます。テスト管理の効率化に有効なツールもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

テスト管理でこんなお悩みはありませんか?

 ・テストの進捗状況やソフトウェア品質をリアルタイムで管理したい。
 ・既存のテスト資産を有効に活用できるツールを導入したい。過去にやったテストを再利用したい。
 ・チームの人数が多いのでExcelだけでは管理が難しい。
 ・複数のExcelシートで報告書を作成するのに時間がかかる。
 ・他のテスト管理ツールを使っていたがカスタマイズが自由にできなくて不便だった。
 ・テスト管理ツールをプロジェクト管理ツール等と連携させて使いたい。
 ・テスト資産を効率的に管理したい。
 ・テスト管理者が変わったらテスト資産の管理ができなくなってしまった。

ソフトウェア開発において、テストの進捗状況や品質をリアルタイムで管理することは不可欠です。しかし、多くの企業ではチームの人数が多く、Excelだけでは管理が困難という問題に直面しています。複数のExcelシートを使用することで報告書の作成だけでも大きく時間がかかってしまうという声もあります。

そこで導入するべきなのがテスト管理ツールですが、ここにも落とし穴があります。たとえばカスタマイズの問題。安価なツールでは社内フローやプロジェクトに合わせた管理のカスタマイズが不可能なので、あまり効率化に繋がらないというケースが多く見られます。また既存のテスト資産を再利用できないことから、バージョンアップのたびに新しくテストケースの設定値を入力し直さなければならないという事態に陥ってしまうことも…。

このように、テスト管理の効率化について、皆さまもさまざまな課題を抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

テスト管理の非効率がまねく8つの事態!

・不具合の発見と修正が遅れる。
・テストカバレッジが不十分になる可能性。
・チーム内やステークホルダーとのコミュニケーションに問題が生じる。
・重複作業や無駄な作業の増加。
・スケジュール管理が困難になる。
・品質管理の信頼性低下。
・新しい技術やツールの導入が遅れ、競争力が低下する。
・本来削減できるはずの工数がかかり続ける。

このままテスト管理の効率化をおろそかにし続けてしまうと、本来削減できるはずの工数がかかり続け不具合の発見と修正が遅れて、テストカバレッジが不十分になってしまう可能性があります。これにより、品質管理の信頼性が低下し、チーム内やステークホルダーとのコミュニケーションにも問題が生じてしまうかもしれません。また重複作業や無駄な作業が増え、スケジュール管理が困難になることもあります。

テスト管理の非効率、4つの大きな原因

・自社のプロジェクトやチームのニーズに合っていないツールを選定しているから。
・プロジェクトに合ったテスト資産の管理ができていないから。
・ユーザーインターフェースが直感的でないから。
・組織の既存のテストプロセスとツールが整合していないから。

テスト管理の効率化を妨げてしまっている原因として、いくつかの要素が挙げられます。まず、自社のプロジェクトやチームのニーズに合っていないツールを選定していることが問題です。先ほども述べたカスタマイズ性の不都合により、それぞれが抱えるプロジェクトに合ったテスト資産の管理ができず、効率的な作業が難しくなります

また、ユーザーインターフェースが直感的でないツールを使用していると、やはりテストには工数がかかってしまいます。さらに、組織の既存のテストプロセスとツールが合っていない場合、ツールの有効な活用ができず、全体の効率が低下します。これらの要因が重なることで、テスト管理の効率化が阻害されるのです。

PractiTest(プラクティテスト)に関する
お問い合わせ

PractiTest(プラクティテスト)のトライアルアカウントお申し込みや、製品デモの依頼、
機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

お悩みを解決できるツールがここにあります。
あなたの業務を一元化できる総合テスト管理ツール「PractiTest」の資料請求、
お問い合わせはこちらのボタンから!

この8つの状況に心当たりはありませんか?

・自社にとっての使い勝手よりも費用面で妥協してしまっている。
・テスト管理に関する知識不足。
・日本でツールを取り扱っている代理店のサポート不足。
・社内スタッフ間のコミュニケーション不足。
・ツールの必要性を感じていない。
・長期的なコストに着目せず目先のコストを気にしている。
・テスト工程にコストを掛けるなら、開発や利益にまわしたい。
・生産工程ではないテストの工程のさらにツールに費用をかける効果がイメージできない。

テスト管理の効率化を進められない状況には、いくつかの共通点があります。まずツール選びの段階で、自社にとっての使い勝手よりも費用面を優先してしまうケース。コストを重視するあまり、実際の業務に適した機能が備わっているツールを選定できず、結果的に効率化をすすめられていない場合が多いです。また、テスト管理に関する知識不足も大きな障害となります。そもそもどのような機能が必要なのかを知らなければ、選定や運用ができず、結果的に効果を上げられません。

またテスト管理ツールの多くは海外製品です。日本でツールを取り扱っている代理店のサポートが不足していれば、十分な効果を期待できません。ツールの導入や運用がスムーズに進まず、問題が解決されないまま放置されてしまう事態もありえます。

社内スタッフ間のコミュニケーション不足によって必要なツールを導入できない場合もあります。テスト管理に携わる方やその上司がツールの必要性を感じていなければ、効率化を進めることはできません。仮にテスト管理ツールの導入に至ったとしても、長期的なコストに着目せず目先のコストを重視してしまえば、前述のように社内フローやプロジェクトに合わないツールを使用することとなってしまいます。

このように、効果的なテスト管理を実現するためには適切なツールの選定と知識の向上、十分なサポート、そして社内でのコミュニケーション強化が不可欠です。

テスト管理を効率化するための5つの行動

・自社にとっての使い勝手を優先する。
・テスト管理に関する知識をつけて適切な比較をする。
・国内でサポートをしてくれる商品(代理店)を選ぶ。
・社内スタッフ間の連携作業がしやすいツールを選ぶ。
・実際のテスト業務にかかっている工数を計測してみる。

ではテスト管理の効率化を進めるためには、どのような行動をすればいいのでしょうか。まずは、自社にとっての使い勝手を優先することが重要です。実際の業務に適したツールを選定することで操作性が向上し、効率化が進みます。次に、テスト管理に関する十分な知識を身につけ、適切なツールの比較ができるようにすることが必要です。これにより、自社に長期的に必要なツールを選ぶことができます。

また、国内でサポートをしてくれる商品や代理店を選ぶことも重要です。サポート体制が整っていると、トラブルが発生した際に迅速に対応してもらえるため、業務の停滞を防ぐことができます。さらに、社内スタッフ間の連携作業がしやすいツールを選ぶことも効果的です。情報共有がスムーズに行えるツールを導入することで、チーム全体のパフォーマンスが向上します。

実際のテスト業務にかかっている工数を計測することも重要です。現状の工数を把握することで、効率化のための具体的な目標を設定しやすくなります。これにより、どの部分に改善の余地があるのかを明確にし、効果的な対策を講じることができます。

これらの方法を組み合わせて実施することで、テスト管理の効率化を大幅に進めることができるのです。

PractiTest(プラクティテスト)に関する
お問い合わせ

PractiTest(プラクティテスト)のトライアルアカウントお申し込みや、製品デモの依頼、
機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

お悩みを解決できるツールがここにあります。
あなたの業務を一元化できる総合テスト管理ツール「PractiTest」の資料請求、
お問い合わせはこちらのボタンから!

テスト管理効率化のお悩みを解決できるツール「PractiTest」

弊社モンテカンポが代理販売している総合テスト管理ツール「PractiTest」では、テスト管理におけるあなたのお困りごとを解決することが可能です!

PractiTestにおける強みは以下のとおりです。

・テスト資産の一元管理が可能になる。
・Excelやスプレッドシートなどからインポートが簡単にできる。
・ダッシュボードでリアルタイムでテストの進捗状況を可視化できる。
・テストケースの再利用やプロジェクトにあわせたカスタマイズができる。
・テストシナリオの作成を効率的に作成することができて、工数を20%削減することができた。
・継続的に管理することができる。

▼PractiTestに関する詳しい機能や導入実績、お客様の声についてはこちらの記事もご参照ください!▼

PractiTest(プラクティテスト)に関する
お問い合わせ

PractiTest(プラクティテスト)のトライアルアカウントお申し込みや、製品デモの依頼、
機能についての問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。

お悩みを解決できるツールがここにあります。
あなたの業務を一元化できる総合テスト管理ツール「PractiTest」の資料請求、
お問い合わせはこちらのボタンから!